ホテリアー 第二話 レビュー

何かあるんでしょうか?北野と森本の間に。
「変わらないね」という森本の言葉に「あなたはすっかり変わってしまったわ」という北野。韓国版ホテリアーを知らず,リメイク版のホテリアーからホテリアーデビューを果たした私には全くわかりません。ふたりの関係が気になってしかたないです…。

さすがですね,ホテリアーの緒方。緊急のときの応急処置の方法もちゃんと心得ている。本当なら杏子などの他の従業員もこうでなければいけないのという気もしますが(笑)とにもかくにも,これで緒方のことを歓迎していなかった従業員も緒方を見る目が変わったようなので,よかったです。

水沢は何を考えているんでしょう。杏子に近づくのは完全な作戦なのでしょうか?それとも…?

それにしても相沢は困るお客さんですね。勤務中に呼び出したり食事に誘ったり。断られるということをわかってのことなのでしょうか。きっとそうなんでしょう。今のところは,まだ。

岩間はとことん緒方を受け入れられないようですね。岩間は敵なのでしょうか?まさかそんなことはないですよね?いつもカリカリしている岩間に対して,いつも穏やかな緒方。見ているとホッとします。

行くんですね,杏子もバッティングセンター!チラホラ上戸彩らしさも垣間見える一面ですね。それとも韓国ホテリアーの杏子にもこういった一面もあったのでしょうか?ホテリアーについて,勉強不足です…。

ここにも現れるか,水沢…。杏子を見張っているの?と言いたくなります。だって普通ないですよ。バッティングセンターで偶然出くわすなんて。まさか水沢が自分の働くホテルをのっとろうとしているとは考えもしない杏子は,本当に無防備。あれもこれも水沢に話してしまい,見ている方はハラハラします。

「説教なんて聞きたくない」
「それなら説教なんてされないようにすればいい」
ごもっともです。ホテリアーの緒方に私まで肝に銘じさせられました…。

部屋から出てきたあかねを見て,早とちりをしてしまった杏子。わかりやすいですね,あからさまに機嫌を悪くしてしまうなんて(汗)でも誤解を解くためだとしても言うわけにはいかないのでしょう,お客さんのプライバシーにも関わりますし。そしてまた見られてしまいますか,あかねと部屋を出てくる場面を。どうしてみんな女性が部屋から出てきたというだけで,あれこれ詮索するのかわかりません。何か事情があるとは考えないのですね。

杏子に300本もの真っ赤なバラを贈った水沢。水沢はやることも言うこともキザですね(笑)その影でやっていることは恐ろしいものですが。

心揺れる杏子。緒方から水沢へと傾いてしまうのでしょうか…。

次回のホテリアーの放送は5月3日です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。