ホテリアー あらすじ ネタバレ 第八話

韓国ドラマリメイク版「ホテリアー」。怒涛の展開だ。

森本が東京オーシャンホテルを買収する目的は再建のためなんかではない。東京オーシャンホテルを買収して壊し,その土地を売却するためだと,あかねによって杏子(上戸彩),岩間,緒方を始めとする東京オーシャンホテルの従業員たちに知らされた。

それは岩間が森本の脱税の証拠となるCD-ROMを盗み出し,水沢の手に渡してしまった後だった。

岩間のホテルを想う気持ちはわかる。これからはそれを私たちとひとつにしていくしか,ホテルを守る術はないのだという社長の言葉はさすがの岩間にも届いたようだ。

今までの態度が嘘のように,岩間はすっかり小さくなってしまった。あちこちで自分を批判する従業員の声が聞こえてくるのだ。小さくならざるを得ないだろう。

東京オーシャンホテルの件から手を引いてくれという森本の申し出を断った村上は,森本の手先に襲われてしまう。そこまでするのか,森本。どこまで汚いのだ。

森本が犯罪にまで手を染めていると知った水沢は,森本との契約を打ち切る。そしてキクチとのパートナーも解消した。

水沢は何を考えているのか。

今度は完全に東京オーシャンホテル側についたようだ。東京オーシャンホテルを守るためには何も惜しまない様子だ。

妹である杏子(上戸彩)のために何かをしたくなったと。

杏子(上戸彩)と水沢のギクシャクした仲も少しずつ元に戻っていく。もう結ばれることはなくなってしまったが,いつか兄妹として円満に暮らせる日が来るのだろうか。

勝敗を分ける最後の3%の株の持ち主が判明した。だが,相手が悪かった。その持ち主である水口は,以前に緒方が辞任に追い込まれることになったトラブルの原因である人物だったのだ。

緒方は委任状をもらえないかと水口に頭を下げるも,一筋縄ではいかない水口。服のファスナーを下ろしてくれという水口の頼みを緒方が断った翌日。水口は委任状をキクチに渡してしまう。

水沢が手を引いた後もキクチは森本側についていたのだ。

最後の株の3%が森本の手に渡ってしまった。

それでもまだ買収が決まったわけじゃない,諦めずに頑張ろうと言うや否や,社長は胸をおさえながら倒れてしまう。

次回のホテリアーはいよいよ最終回だ。

東京オーシャンホテルの行方は?
森本はどうしてこれほど東京オーシャンホテルにこだわるのか?

そして水口と杏子(上戸彩)の仲は…?

ホテリアーの最終回は6月14日の放送。

最後まで目を離せないホテリアー
最終回も見逃せない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。